2014年04月30日

Lot et Garonne/ロット・エ・ガロンヌ(2)

(連載第2回目) ネラック(Nérac)

ネラックは フランスの南西部, パリから620Km離れた所に
あり, 中世には大農業地域圏の中心の商業都市でした。

Nérac, sutué au sud-ouest de la France, à 620km
de Paris, était une ville commerciale du Moyen
Age au centre de l’Aquitaine, région très agricole.

IMG_20140430_0004.jpg
(写真上:Maison a colombage de M.A
中世のコロンバージュ骨組みの家)

古いゴチック様式の橋がバイーズ川にかかり、川は、街を
左岸と プチ・ネラックと呼ばれる右岸に分けています。

Un vieux pont gothique enjambe la rivière
 ≪la Baϊse≫ qui partage la ville en deux rives:
la rive gauche et la rive droite dénommée le
≪Petit Nérac ≫.
IMG_20140430_0005.jpg
    La Baise   バイーズ川

アルブレ家とアンリ四世に愛された街プチ・ネラックは、幾多の
戦火にも変わらずにその美しさを今にとどめています。 都市
部はのちに郡司オスマンの構想により近代化されましたが。

Le ≪ petit Nérac≫, quartier péféré des Albret et
d’Henri IV n’a pas beaucoup changé malgré de
nombreuses guerres.  Il conserve toute sa beaut.
Pourtant le la ville a été modernisée par Hauss-
mann au XIXème siècle.

  Parc Garenne.jpg
 
 写真上: Parc de la Garenne ガレンヌ公園

第古代ローマの邸宅跡地のがレンヌ公園は、今では住民の
散策の場所であり、旅人の憩いの場所でもあります。

楡や樫の木が植えられた庭を川沿いに降りると、アルブレ王
家と庭師の娘の悲恋の物語が伝えられる泉に出会います。


Sur l‘ancien emplacement d’une villa romaine、se
trouve le parc de la Garenne. C’est un lieu de
promenade pour les habitants d’aujourd’hui, et de
repos pour les touristes.

En descendant, le long de la rivière, dans le jardin
planté d‘ormes et chênes, on rencontre une fon-
taine liée à une histoire d‘amour triste entre la cour
d‘Albret et la fille du jardinier.

IMG_20140430_0001.jpg
Photo: Statut de Fleurette, fille du Jardinier
   (庭師の娘の象)

編集後記:
 *庭師の娘は泉に身を投じたと伝えられていますが、実際
 には バイーズ川のようです。
 *このアルブレ王家のプリンスが、のちのアンリ4世です。
 *この話がフランス語”conter fleurette (愛をささやく・
  女性をくどく、などの意味)の語源となっています。

  
(和文・仏文テキスト・写真はFUさんの提供による。)


               (2014年4月30日)

posted by yoko at 05:15| デクヴェルト広場