2013年11月20日

Lettre de Nicolas/ニコラからの便り(後書き)

ニコラくんの近況
2回にわたりNicolas chauvatの手記をご紹介しました。

彼は今年(2013年)7月、このリムーザンの小都市
フェルタンの美術協会Salon des Arts – Sud 23と
共に、“Japon“と銘打たれた日本展を開催し、日本の
紹介に努めました。

展示の内容は彼の京都在住時に撮影した写真を中心に、
日本の友禅染めや工芸品、そこにフランスのアーティスト
の作品が加わったそうです。

 
942662_599602810072505_974229403_n[1].jpg
         Japon 展ポスター

ニコラくんは、日仏交流の一環として、リムーザンに関する
記事の続きも書きたいと言っていましたが、この便りを書いた
あと、東京のフランス大使館で研修に入ることになりました。
したがってデクヴェルトでのセミナーや記事投稿はしばらく
お休みになります。

しかしながら、新たな展開として、Découveteは上記の
フェルタンの美術協会Salon des Arts - Sud 23 
(サロン・デ・ザール・シュド23)と協力や交流を行うことに
なりました。
その詳細については、今後徐々にお知らします。
この新たな交流活動をとおして、日本の姿をフランスに
知らせるとともに、日本にはまだあまり知られていない
この地方の魅力を、少しでも皆様にお届けできればこれ
以上嬉しいことはありません。
頑張ります。

organisateurs de l expo.jpg
サロン・デ・ザールのディレクター(左から2人目)と共に


なおNicolas Chauvatさんのセミナーについては、2013年
1月8日と同年4月26日のブログをご参照ください。
http://blog.decouverte.jp/article/61308088.html
http://blog.decouverte.jp/article/65659921.html

                    (2013年11月19日)       
posted by yoko at 00:38| デクヴェルト広場