2012年04月18日

春のロゼ

毎年桜の季節になると、日本ではいいロゼワインが出回り
ます。他の季節ではなかなか入手できないので、今年も
かなり買い込みました。

ロゼワインは、何故か格下に見られていることが多いよう
ですが、決してそんなことはありません。それぞれ味わいも
異なるし、料理にも合わせやすい。第一色がとてもきれい
です。グレーがかったうすいピンクから、サーモンピンク、
更には透明感のあるルビーに近いような色まで微妙な
変化が楽しめます。

味も、きりっと酸味のきいたものから、ややスパイシーな
タベル(フランス)タイプのもの、ボリューム感のあるもの、
甘口のものまでどさまざまで、アペリチフとして飲んだり、
料理に合わせたりできます。

味付けのあっさりとした和風の料理やお寿司にもよく合います。
やや酸味のきいた寿司飯にやや酸味のきいたやさしいロゼ、
たまらないですね。ねたは白身魚やえびにして、控えめの
醤油に自分が飲むワインを混ぜると...もう最高です。



ロゼ2012Blog.jpg写真左から
フランス・サンセール(Sancerre, Yves Martin)
ドイツ(Petit Rose, F.Becker)
オーストリア(Rose vom Tweigelt, J.Sonnhof)
オーストリア(Zull, Lust&Laune)
ニュージーランド(Pansy! Rose, Kim Crawford)
                     (2012年4月17日記)

posted by yoko at 04:16|