2014年10月19日

フェルタン日本展最終回(1)

しばらく間があいてしまいましたが、フェルタン日本展の会場風景と、フェルタン周辺の写真をご披露します。

 展示作品の一部 (写真が暗いので見にくいですが)

__ (11).JPG

__ (2).JPG
__ .JPG

__.JPG
会場__ (1).JPG

 開会式のあと、庭でアペリチフ
__ (12).JPG

何回か書いたと思いますが、今回の日本展は昨年から話は出ていたものの、参加最終決定をしたのが5月7日で、
7月10日までには作品を目的地に到着させなければならなかったので、日程的にはかなりタイトでした。即席の輸出業者となり、荷物の送りかた、輸出書類の作成、関税や保険のことなどを調べたり、作品のフランス語説明を作成するなど、時間との闘いでした。

今振り返ってみると、途中でちょっとした困難に出会いながらもこのプロジェクトを完遂できたのは、やはりみんなのおかげだと思います。ご協力くださった作家のかたがた、フェルタン美術協会の会長のウイルフリッドさんとその友人のローランさん、家族のように面倒をみてくれたアンヌ・マリーさんには心からお礼申し上げます。デクヴェルトがしたことは本当にささやかなことでしたが、それを高く評価してくれたフェルタンの人たちの優しさが、今しみじみと感じられます。これが日本とフランスを結ぶ架け橋の第1歩となれば非常に嬉しいです。

 
   (19-10-2014)
posted by yoko at 21:10| デクヴェルト広場