2014年10月03日

山の町フェルタン

既に書きましたが、フランス語教室・フランス文化サロン≪デクヴェルト≫が発足して丸7年が経過、7周年記念行事として、フランスのフェルタンで行われる「日本展」に参加することになりました。最初は日本人アーティストの作品を送付するだけにしようと思っていたのですが、最終的には私もフェルタンに行くことにしました。

パリから約400キロメートル、汽車とバスを乗り継いで5時間、クルーズ県のフェルタンは、フランス中央山岳地帯の北西に位置する人口1800人の小さな町です。

最初から波乱に満ちた旅でした。パリのオーステルリッツ駅発車の汽車が大幅に遅れたため、フェルタンに到着したのは真夜中の12時30分でした。駅には「日本展」の受け皿となっているSalon des Arts - Sud 23 (サロン・デ・ザール ・シュッド23)の会長のウイルフレッドさんが待っていてくれました。電話で何回か話をしただけの人でしたが、今回の旅のトラブルを一緒に心配してくれた数少ない一人なので、初めて会うような気がしませんでした。

いよいよ日本展の開幕です。

 
IMG_0581.JPG
          緑あふれるフェルタン

搬入半ばの会場風景)__.JPG
会場風景(搬入半ばです)

   (03-10-2014)
posted by yoko at 11:42| デクヴェルト広場