2018年11月07日

2018年11月・12月の特別講座・イベントのお知らせ


ご報告:第5回シャンソン講座(正式名称はシャンソンで学ぶ発音講座)は、2018年10月30日、とびいり特別ゲストのJean-Paul さんと優美子さんご夫妻を迎え、楽しく終わりました。 
また11月3日の土曜サロン − 「日仏に見る仕事の価値観」は、その歴史的な変遷を探り、充実した話し合いができました。新しい参加者も迎え、今後は一段と内容の濃いものになることが期待されます。


本年11月と12月の特別講座やイベントの日程をとりあえずお知らせします。内容の詳細については追ってご案内いたします。
・シャンソ講座 2018年11月28日(水)15h15
・土曜サロン 2018年12月8日 (土) 13H30   
  (テーマ:仕事の価値観 続き)
・ 年末食事会 2018年12月16日(日) ランチ

  IMG_2363.JPG


(2018-11-07 Ecole de français Découverte)




posted by yoko at 05:57| お知らせ

神戸日仏講演会そのU/ Conférence à l'Association franco-japonaise de Kobe(U)

また報告が遅れましたが、10月26日神戸日仏協会でデクヴェルト代表の松原容子が2回目の講演会をさせていただきました。
テーマはフランスの教育制度と子供支援の種類。日本ではまだまだよく理解されていないグランゼコールについても言及。そのシステムや社会とのかかわりなども実例をとりながらお話ししました。


今回はラウンドテーブル式のセミナー形式をとり、できるだけ具体的な例や実際に経験した事実を取り入れて話すことを心がけました。特に数字については統計の取り方でかなり差が出てくるので、公式発表のものと、筆者がフランス人の友人から得たものを比較するようにしました。テーマに強い関心をもっていた参加者が多かったせいか突っ込んだ話し合いができたのは何より嬉しいことでした。

神戸日仏.jpg


IMG_2356.JPG


次回は3回目の最終回で、11月16日(金)13時30分から始まります。
テーマはフランスの「おもしろさ」です。ただし一概にフランスはおもしろいと言っても奥は深いです(奥が深いからおもしろいのですが!)

日仏協会のチラシにには次のようにご案内しています。
「フランスのおもしろさ」はと聞かれると、筆者は「知・美・胃・遊・感性の融合」と答えてしまいます。
それらの根底を流れるのは、自由の精神と遊び心でしょうか。しかもきちんとした理論性も見せてくれます。
この回ではこういう相反するような特性を、日常生活および文学やシャンソン、アートとのかかわり等をとおして探り、シリーズのまとめとしたいと思います。

matsubara_kouen Kobe Flyer-001 (1).jpg



(06-11-2018 Ecole de francias Découverte)


続きを読む
posted by yoko at 03:43| 日記